クリスマスの黙想 23日


"闇が消え去り、まことの光がすでに輝いているからです。"

ヨハネの手紙 第一 2章8節

"たとえ自分の心が責めたとしても、安らかでいられます。神は私たちの心よりも大きな方であり、すべてをご存じだからです。"

ヨハネの手紙 第一 3章20節

聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会


たとえ、私達のアドベントが、なんら世の中と変わらずに、心忙しく、疲れ、プレゼントやクリスマスカード、休暇をどうするかでいっぱいになり、イエスさま、あなたの事を全く忘れてしまっていたとしても、あなたは私たちの光となって下さいました。


あなたは、立派なあの人の為、愛に溢れたあの人の為だけでなく、たった一人の私のためにでさえ、神の御子としての在り方を捨てて生まれて下さったのです。


私の全てをご存知のあなただから、私はこのままであなたを礼拝に行かせてください。


そして、この私のためにお生まれになったあなたに、出会わせてください。

この聖日、私の心があなたに出会えますように。皆さんの心が、あなたに出会えますように。そして、キリストの平安に満たされますように、イエス キリストのお名前でお祈りします。

アーメン


中尾善之介

Recent Posts

See All

20(土)わたしが石を転がす

彼女たちは、「墓の入り口からあの石を ころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」 とみなで話し合っていた。(マルコ16:3) 主よ、転がしてください、私の日常をふさいでいる石を。 私の心をふさいでいる、大きな石を。 よみがえりの朝、女たちにはできませんでした。 あなたが天の使いを送り、その御力を発揮してくださらなければ、 石はころがりませんでした。  主よ、同じように、あなたがた助けてくださらな

© 2020 Santa Clara Valley Japanese Christian Church - All rights reserved.

当サイト内の文章・画像等、内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。  

  • Facebook Social Icon
  • Twitterの社会のアイコン