16(火)天地は消え去る

教えと論争の日 

神殿において、祭司長や学者、ファリサイ派、サドカイ派、ヘロデ党議員など、イエスに敵対する人達から、 論争をしかけられた日です。

権威問答、税金問答、再婚問答、復活論争、最重要律法論などについて話されたと言われます。


「天地は消え去ります。しかし、わたしのことばは

決して消え去ることがありません」(マルコ13:31)

 主よ、私は自分の人生に悪循環を感じることがしばしばです。

汗水垂らして、この世の幸せのために労苦し、

何かを成し遂げればつかの間の満足を得、

何も成し遂げられなければ、失望し。

それでも立ち上がってまた同じことに挑んでいく自分。

しかし主よ、そんな私たちも心の奥ではわかっています。

地上におけるすべてのことは過ぎ去ることを。

 はかない人生をどのように楽しむか、

安定させたものにするか、ではななく。

過ぎ去る人生の中で、決して消え去ることのないあなたの言葉をつかんで、

あなたの言葉を信頼し、あなたの言葉を土台として、

それを実行することができますように。

そのとき、過ぎ去る人生が「より確かなもの」となることを信じています。

過ぎ去る人生で苦労したことが、永遠の輝きを持つもことを信じています。

「私たちの神、主の慈愛が私たちの上にありますように。

私たちのために私たちの手のわざを確かなものにしてください。

どうか私たちの手のわざを確かなものにしてください。」(詩篇90:17)


高津キリスト教会 藤本満師

2019年 受難週霊想

「みことばとともに、十字花の足跡を」より



5 views

Recent Posts

See All

20(土)わたしが石を転がす

彼女たちは、「墓の入り口からあの石を ころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」 とみなで話し合っていた。(マルコ16:3) 主よ、転がしてください、私の日常をふさいでいる石を。 私の心をふさいでいる、大きな石を。 よみがえりの朝、女たちにはできませんでした。 あなたが天の使いを送り、その御力を発揮してくださらなければ、 石はころがりませんでした。  主よ、同じように、あなたがた助けてくださらな

© 2020 Santa Clara Valley Japanese Christian Church - All rights reserved.

当サイト内の文章・画像等、内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。  

  • Facebook Social Icon
  • Twitterの社会のアイコン