空の虹

先週、教会の上に虹がかかっていました。

山火事の煙や灰を含んだ重苦しい空気で、子供やお年寄りの外出は制限されていた所もありましたが、沢山の雨の降った後は青空にホッとしました。


私達の日常にも、どんよりとした雲がかかり、空気の悪さに頭痛やアレルギー反応に悩まされる事もあるでしょう。

山火事やエアクオリティの様に、人間の力ではどうする事もできない問題にぶつかった時、この聖書の言葉を思い出してください。


「私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。

私の助けは、天地を造られた主から来る。

詩篇121:1-3


聖書で虹は、神さまからの約束のしるしとして、ノアの方舟の所に出てきます。

ノアの家族は、虹を見た時を生きていることの素晴らしさを、感じたのではないでしょうか。


わたしは雲の中にわたしの虹を置く。

これはわたしと大地の間に立てた

契約のしるしとなる。 創世記9章13節


17 views

Recent Posts

See All

20(土)わたしが石を転がす

彼女たちは、「墓の入り口からあの石を ころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」 とみなで話し合っていた。(マルコ16:3) 主よ、転がしてください、私の日常をふさいでいる石を。 私の心をふさいでいる、大きな石を。 よみがえりの朝、女たちにはできませんでした。 あなたが天の使いを送り、その御力を発揮してくださらなければ、 石はころがりませんでした。  主よ、同じように、あなたがた助けてくださらな

© 2020 Santa Clara Valley Japanese Christian Church - All rights reserved.

当サイト内の文章・画像等、内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。  

  • Facebook Social Icon
  • Twitterの社会のアイコン